日本鳥学会2017年度大会公開シンポジウム

生態学者 vs 外来生物  〜本気で根絶、本気で再生 奄美・沖縄・小笠原〜』



●開催日:2017年9月18日(月・祝)9:30〜12:00(予定)

●場所:春日講堂(筑波大学 筑波キャンパス 春日地区)

〒305-8550茨城県つくば市春日1-2(つくばエクスプレスつくば駅から徒歩10分)

●入場無料・事前申し込み不要

●コーディネーター:川上和人・小高信彦

●概要:「外来生物の管理方法、教えます!」

 外来生物は鳥類保全上の大きな課題です。特に島では問題が深刻化しており、多くの駆除事業がおこなわれています。

 しかし、各地で駆除を経験した結果、技術的限界、合意形成の難しさ、複雑な生物間相互作用などに直面し、「駆除で解決」という単純なものではないことがわかってきました。

 そこで、奄美、沖縄、小笠原の事例を紹介し、議論を行います。外来生物は社会的な問題であり、行政や専門家のみでは解決できません。情報共有と課題解決のため、学生や一般の方も含め多様な立場の方をお待ちしております。


講演者

亘悠哉(森林総合研究所)、小高信彦(森林総合研究所)、長嶺隆(どうぶつたちの病院沖縄)、川上和人(森林総合研究所)

●プログラム

講演1)「激動の奄美:大詰めのマングース対策、回復する希少種、それを食べだしたノネコ」亘悠哉

講演2)「回復する森林生態系:沖縄島北部やんばる地域の固有鳥類と外来種マングース対策」小高信彦

講演3)「やんばるの森の脅威 ノイヌ、ノネコ問題 〜終わりなき戦いを終わらせるために〜」長嶺隆

講演4)「海洋島小笠原の憂鬱:対策は1種2種では足りません」川上和人・堀越和夫(小笠原自然文化研究所)


●お問い合わせ:

日本鳥学会2017年度大会事務局

〒305-0005茨城県つくば市天久保4-1-1

国立科学博物館 動物研究部気付

E-mail: osj2017@kahaku.go.jp 

(このアドレスは問い合わせ専用です)



本公開シンポジウムは、平成29年度日本学術振興会科学研究費補助金(17HP0021)の助成を受けています。

イラスト:えるしまさく

ポスター・チラシデザイン:スタジオ・ポーキュパイン